■愛知県の結納について■
   愛知県(東部地方) 名古屋  愛知県(西部地方)
品数 7〜11品 7〜11品 7〜11品
結納金の名称 小袖料 小袖料 小袖料
結納金の金額 50、70、100万 50、70、100万 50、70、100万
結納金額の基準 月給の3ヶ月分  月給の3ヶ月分 月給の3ヶ月分
品目 目録、熨斗、小袖料、寿留女、子生婦、志良賀、末広、家内喜多留料、指輪 目録、熨斗、小袖料、寿留女、子生婦、志良賀、末広、家内喜多留料、指輪 目録、熨斗、小袖料、寿留女、子生婦、志良賀、末広、家内喜多留料、指輪
特徴      
結納及び結納返しのしきたり     ところによっては結納を「サケ」「ツボザケ」「トックリ」などといっている。仲人と婿、婿の親が納めに行くのが一般である。結納品の他に、親族への土産、家族書、親族書、健康診断書などを持参する。婿方の仲人は結納品を床の間に飾った後、口上を述べるとともに、嫁方の仲人へ結納品と目録を差し出す。嫁方の仲人も答礼の言葉を述べ、結納品と結納金を確認する。次に祝膳となる。正式にはこのように両家から仲人を一人ずつ立てるのがしきたりだが、近年は一人だけで行うことも多い。嫁方からの結納返しは、荷入れの時に行い、袴料として結納金の一割以上が一般である。
結納を納める前に行う儀式 「きめ酒」酒一升と鯣一把を婿方より持参する。南部は知多半島に準ずる。結納と同時が多い。 「きめ酒」酒一升と鯣一把を婿方より持参する。南部は知多半島に準ずる。結納と同時が多い。 「きめ酒」知多半島一帯で行われている。酒一升と重箱等に料理を詰め、五人分か七人分を婿方より持参する。結納と一緒に納める場合が多い。「とっくり」と呼ばれる。
結納について 結納は西部地方に準じているが多少地味である。
目録  
熨斗  
一、小袖料 〇〇円也
一、指環 一台
一、寿留女 一台
一、子生婦 一台
一、友白髪 一台
一、家内喜多留料 〇〇円也
一、寿栄広 一台
右之通り幾久しく 御受納下され度候也
結納品は七品が基本で熨斗、小袖料、家内喜多留料、寿留女、子生婦、友白髪、末広に指輪を添える。家内喜多留料は小袖料の一割が一般的である。
小袖料が七十万以上になると、呉服細工の目出鯛、家内喜多留(これが付いた場合、家内喜多留料は諸白料、清酒料、竹葉料となる)、宝船や九谷焼、木目込、木彫等の高砂人形を添えて九品、十一品となる。目録は巻目録が基本であるが最近は多様化している。
宛名は苗字だけが多く、結納品の価格は結納金の一割程度である。(呉服細工等は別)
 
結納時の土産について 結納と一緒に嫁の家族に土産を持参する。御先祖様として線香、又は香を、父上には末広、母上には真綿を贈る。名古屋市内では、父親に末広、母親に真綿の風習は徐々になくなり、兄弟姉妹に贈る品同様に実用的な品物に変りつつある。
土産には水引を掛け、各々台に乗せて、結納と一緒に贈る。
 〃  〃
家族書、親族書について 家族書、親族書はほとんどない。 家族書、親族書はほとんどない。 家族書、親族書はほとんどない。
結納当日について 受書の準備迄は西部地方と同じであるが「きめ酒」が結納と一緒の場合、婿側から料理が来る為に、嫁の方では赤飯に吸物程度の準備をする場合が多い。しかし北部では鯣だけであるから、嫁の方では料理は準a備する。手土産等は西部地方と一緒である。 受書の準備迄は西部地方と同じであるが「きめ酒」が結納と一緒の場合、婿側から料理が来る為に、嫁の方では赤飯に吸物程度の準備をする場合が多い。しかし北部では鯣だけであるから、嫁の方では料理は準備する。手土産等は西部地方と一緒である。 結納式は婿方から仲人夫妻と両親が出かける場合が多いが、最近では本人が同行することが多くなっている。婿方では冷酒につまみ程度の接待をして、祝儀を出して出発する。
嫁方では両親と本人、それに親類の手伝いが待ち受ける程度であるが、名古屋市外では親類を全部招き、結納を披露する場合がかなりある。これを「結納開き」と言う。嫁方では、あらかじめ受書を用意しておき、当日は受書のみ渡す。
接待は披露宴に準ずる程度とされ、仲人には祝儀を包む。但し知多半島方面では、「きめ酒」を結納と一緒にする場合は東部地方の風習に準じている。
お返し結納について 引出結納は荷物納めの時にいただいた結納と同様の結納を持参する。紙の色は松葉色と白になり、いただいた結納を利用する例が多い。小袖料が袴料となり、小袖料の一割〜三割位を返す又は洋服、着物等を返す。
家内喜多留料は頂いた同額又は半額を柳樽料として持参する。呉服細工の返礼は鯛には鰹節飾り、樽には角樽又は銚子、宝船には兵児帯を使った宝来山飾りを贈る。引出結納の受書はない。
引出結納は荷物納めの時にいただいた結納と同様の結納を持参する。紙の色は松葉色と白になり、いただいた結納を利用する例が多い。小袖料が袴料となり、小袖料の一割〜三割位を返す又は洋服、着物等を返す。
家内喜多留料は頂いた同額又は半額を柳樽料として持参する。呉服細工の返礼は鯛には鰹節飾り、樽には角樽又は銚子、宝船には兵児帯を使った宝来山飾りを贈る。引出結納の受書はない。
引出結納は荷物納めの時に頂いた結納と同様の結納を持参する。紙の色は松葉色と白になり、頂いた結納を利用する例が多い。小袖料が袴料となり、小袖料の一割〜三割位を返す又は洋服、着物等を返す。
家内喜多留料は頂いた同額又は半額を柳樽料として持参する。呉服細工の返礼は鯛には鰹節飾り、樽には角樽又は銚子、宝船には兵児帯を使った蓬莱山飾りを贈る。引出結納の受書はない。
荷物納め及び土産について 荷物納めは婚礼の一、二週間前に行われ、仲人と荷宰領が持参する。荷目録を書き、名前は嫁の名前だけを書き、宛名を入れないのが一般的である。婚礼荷物は全国的に見るとかなり派手である。
嫁の方では出発前に仲人、荷宰領に祝儀を出し、婿方では結納の時よりもやや控えた接待をする。祝儀は出す。土産は婿方は結納の時に、嫁方は荷納めと一緒に引出結納と土産を持参する。東部地方ではやや地味である。
  荷物納めは婚礼の一、二週間前に行われ、仲人と荷宰領が持参する。荷目録を書き、名前は嫁の名前だけを書き、宛名を入れないのが一般的である。婚礼荷物は全国的に見るとかなり派手である。嫁の方では出発前に仲人、荷宰領に祝儀を出し、婿方では結納の時よりもやや控えた接待をする。祝儀は出す。土産は婿方は結納の時に、嫁方は荷納めと一緒に引出結納と土産を持参する。東部地方ではやや地味である。
 
中部地方の荷出し、 荷受け目録
荷物目録
一、総桐箪笥 三棹
一、洋服箪笥 一棹
一、長 持 一棹
一、整理箪笥 一棹
一、三面鏡台 一面
一、洗濯機 一台
一、ミシン 一台
一、その他調度品 品々
  以上
右幾久敷御受納被下度候
年 月 日
氏名
氏名殿
受  書  
荷物目録  
一、総桐箪笥 三棹
一、洋服箪笥 一棹
一、長 持 一棹
一、整理箪笥 一棹
一、三面鏡台 一面
一、洗濯機 一台
一、ミシン 一台
一、その他調度品 品々
  以上
右幾久敷受納仕候
年 月 日
結納から結婚式までに行われる儀式       
結婚式について 特に変わった風習はない。結婚式の当日に仲人が婿を、妻が嫁を各々迎えに行く程度である。挙式料は婿方負担であるが、披露宴の費用はそれぞれ呼んだ人数割で負担する場合が多い。三河地方に挙式料から披露宴の費用迄全部婿方が負担する所がある。 結納から結婚式までの期間が長い場合に「中祝」「中見舞」と称し、着物、家具、電気製品(いづれか一品)を婿方より嫁方に贈る事がまだたまにある。これに対する返礼はない。 特に変わった風習はない。結婚式の当日に仲人が婿を、妻が嫁を各々迎えに行く程度である。挙式料は婿方負担であるが、披露宴の費用はそれぞれ呼んだ人数割で負担する場合が多い。三河地方に挙式料から披露宴の費用迄全部婿方が負担する所がある。
仲人への御礼 仲人に対する御礼は結婚式後二、三日中に両家の親が揃ってゆくのが普通である。婿方、嫁方の御礼の金額の割合は種々のケースがあるが、一般的には六分四分で婿方負担と言われる。双方がよく相談してお礼の気持が充分に通じる様に決める。   仲人に対する御礼は結婚式後二、三日中に両家の親が揃ってゆくのが普通である。婿方、嫁方の御礼の金額の割合は種々のケースがあるが、一般的には六分四分で婿方負担と言われる。双方がよく相談してお礼の気持が充分に通じる様に決める。