■秋田県の結納について■
  秋田県(北部地方)  秋田県(南部地方)
品数 7、9品 7、9品
結納金の名称 御帯料 御帯料
結納金の金額    
結納金額の基準 月給の1ヶ月分  月給の1ヶ月分
品目 目録、長熨斗、末広、寿留女、御帯料、子生婦、鰹節、樽料、指輪  
特徴    
結納及び結納返しのしきたり 結納をタルタテ、サケタテ、クチガタメという地方もある。仲人と婿方の親戚代表が結納を持参する場合が多い。結納品のことをツカイモノともいっている。双方の挨拶の後、結納が取り交わされる。嫁方からのお返しは、袴料として、結納金の半額くらいが一般である。ただ全体的にはお金や品物を返すことは少なく、受書のみで済ませる場合が多いようである。   
結納を納める前に行う儀式 (口割酒)仲人又は橋渡しの人が酒二升、鯛一尾を持参するが、現在はあまり行われていない。 「手結び」婿方の両親が酒二升と手結び料を嫁方に持参する。手結び料は一万円位。
結納について 結納の品は関東式で一台セットのものを使用し九品、七品の内九品揃のものがよく利用される。嫁方からは受書のみで返しはないが、最近は受書に洋服、時計等を添えて出す事が多い。結納金は五十万円前後。 北部と同じだが、七品揃が多い。婿方は結納金の他に留袖、附下げを一緒に持参する。嫁方からは受書のみを出す。
結納時の土産について 結納時の土産は持参しない。 結納時の土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書の使用は半分位である。 家族書、親族書の使用は半分位である。
結納当日について 自宅で行う場合と出合いの場合があり、旧家又は部屋数の多い家等ではまだ自宅で行うことが多く団地住い等の部屋数の少ない家等は出合いが圧倒的に多い。当日婿方から仲人、両親、本人の五名で嫁方へ行き、結納式を行う。嫁方では祝膳を出し祝宴を行う。この日の費用は嫁方の負担であるが婿方では酒肴料として一人1万円位の割で持参する。出合いの費用は折半で、祝儀は出さない方が多い。 自宅で行う場合が多く出合いはまだ少ない。当日婿方から仲人、両親、本人、親族代表が奇数の人数で嫁方へ行く。嫁方では祝膳を用意し祝宴を行う。この費用は嫁方で負担するが、婿方からは酒肴料として一人5千〜6千位の割で持参する。祝儀は出さない方が多い。 
お返し結納について 嫁方からは受書のみで返しはない。 嫁方からは受書のみで返しはない。
荷物納め及び土産について 荷目録、荷受書は使用しない方が多い。荷宰領には親族代表がなり荷物を届ける。受渡しが終ると祝膳を出しもてなすが、引出物、祝儀は出さない方が多い。運搬人には3千〜5千位の祝儀を出す。祝儀は出す家と出さない家がある。家族、親族の土産は持参しない方が多い。 荷目録、荷受書は使用する。荷宰領は仲人又は親族代表がなり当日は祝膳のもてなしだけで祝儀は出さない。運搬人には祝用折詰と2千〜3千位の祝儀を出す。家族、親族の土産は持参しない。
結納から結婚式までに行われる儀式    
結婚式について 式はホテル・式場等の利用が圧倒的に多い。 北部と変らない。
仲人への御礼 仲人の御礼は新郎、新婦の新婚旅行中両家揃って仲人宅へ伺う場合と、新婚旅行から帰り全員で伺う場合がある。御礼は結納金の20%程度が多い。 北部と変らない。