■青森県の結納について■
  青森県(北部地方) 青森県(南部地方)
品数 5、7品 5、7品
結納金の名称 御化粧料 御化粧料
結納金の金額    
結納金額の基準 月給の2、3ヶ月分  月給の2、3ヶ月分 
品目 目録、御化粧料、寿留女、鰹節、昆布、家内喜多留料、指輪 目録、御化粧料、寿留女、鰹節、昆布、家内喜多留料、指輪
特徴    
結納及び結納返しのしきたり ここではユイノウタテ(結納立て)といっている。かつては南部地方と津軽地方では、その手順や方法も細かい点で異なっていたが、現在ではほとんど差はない。一般に仲人(夫婦)が持参するのが本式とされている。まず仲人(別人の場合もある)が婿方に行き結納品、家族書、親族書等を預かり、嫁方へ届ける。嫁方ではお返しの結納品(婿方のものと同等か一段下げたもの)と家族書、親族書それに受書を用意し、取り交わす。なお、結納返しは後日、日を改めて行われることもある。婿方からの結納金に対する返しはその家によって異なるが、半返しが多いようだ。また金で返すことはせず着物、時計、カフスボタン、タイピン等で返すケースも増えている。嫁方では結納の取り交わしが済むと、親戚を交え酒宴となる。この時結婚式の日取り、式に出席する人数の確認も行う。そして仲人(あるいは使者)は、嫁方から納められた品を婿方に持参し、報告する。   〃
結納を納める前に行う儀式 「きめ酒」多留、肴料として一つの包にして仲人と親族二、三人で嫁方へ持参する。金額は当日のお膳代として一万〜二万円位を包む。 「きめ酒」仲人と両親又は親族代表が酒一升に鯛か赤い魚を持参、又は鮮魚料(五千円〜一万円)を添える。この時に結納を現金にするか式服にするか嫁方の希望を伺う。
結納について 結納の品は関東式で一台セットのタテ目録を使用する。七品揃が一般に利用されている。目録、のし、金包、末広、友白賀、子生婦、寿留女の七品である。最近は結美和を添えることが多い。結納金は五十万〜百万円位。嫁方からは受書のみで返しはない。 北部と変らないが、九品揃のものが一般的に利用されている。目録、のし、金包、栄名、末広、友白髪、子生婦、寿留女、家内喜多留の九点で目録頭初の書き入れは現金の場合、結納料壱封と書く(留袖、付下げ、帯、小物等)これはキメ酒の時の取りきめによる。但し仲人の御礼も、キメ酒から結婚披露宴迄の仲人と結婚式当日だけの仲人では額は異なるのは当然である。
結納時の土産について 土産は持参しない。  〃
家族書、親族書について 家族書、親族書の使用は少ない。  〃
結納当日について 自宅で行う場合が多く出合いはまだ少ない。自宅の場合婿方から仲人、両親、本人とで嫁方へ持参するが、時に親族代表も加わることもある。嫁方でも同人数で出迎える式終了後祝膳を出し祝宴を行う。引出物は出さない方が多い。当日の費用は嫁方の負担であるが、婿方は当日出席人数分の酒肴料を持参する。出合いの場合費用は折半が多い。 自宅の場合と出合いの場合があるが、最近はホテル、料亭等の出合いの式が非常に多くなって来た。婿方から仲人、両親、本人で結納を持参する。嫁方は式後祝膳を出してもてなすが引出物は出さない方が多い。当日の費用は嫁方の負担であるが、出合いの時は折半である。仲人への祝儀は車代程度であるが仲人が遠方から来た場合はそれなりの車料を包む。 
お返し結納について 嫁方からは受書のみで返しはないが、最近は婿本人の希望するもの(洋服・時計等)を贈ることが多くなった。 嫁方からは受書のみで返しはないが、最近は婿本人の希望するもの(洋服・時計等)を贈ることが多くなった。
荷物納め及び土産について 荷目録及び荷受書は使用する。荷宰領は仲人がつとめる。南部の方では荷宰領になる人は一定していない。当日のもてなしは祝膳だけで祝儀は出さない。運搬人には気持程度の祝儀を出す。土産は持参しない。 荷目録及び荷受書は使用する。荷宰領は仲人がつとめる。南部の方では荷宰領になる人は一定していない。当日のもてなしは祝膳だけで祝儀は出さない。運搬人には気持程度の祝儀を出す。土産は持参しない。
結納から結婚式までに行われる儀式    
結婚式について ホテル・式場等の利用が多く、自宅で行うことは少ない。  
仲人への御礼 仲人の御礼は式後、日を改め、両家で揃って仲人宅へ伺う。御礼の額は結納金の10〜20%が多い。 北部と殆んど変らない。唯場合によっては式場で直接仲人へ渡す場合もまだ行われる。又会費制の披露宴が行われる事もあるが、この場合の御礼は旅行から帰ってから伺うことが多い。