■愛媛県(伊予地方)の結納について■
品数 9、11品
結納金の名称 結納料
結納金の金額 50、70、100万
結納金額の基準   
品目 目録、熨斗、寿恵広、結納料、共白髪、優美和、松魚料、柳樽料、子生婦、寿留女、波喜茂野(履物)、多美(足袋)
特徴 松山地方では昔から、花嫁の履物と足袋を結納品として持参するのがしきたりである。細菌は現物でなくお金でする人も増えている。
結納及び結納返しのしきたり 松山地方では以前、結婚式当日に「婿入り」と称して、嫁方の実家へ仲人夫婦、婿、両親が挨拶に行く風習があったが、現在はまったく行われていない。そのかわり、結納当日仲人夫婦とともに婿と両親が同行することが多くなっている。吉日を選び、結納品(履物や足袋を必ず加える)を持参する。嫁方では受書と結納返しの品(熨斗、末広、御袴料、共白賀、松魚料、柳樽料、タイピンセット等)を用意しておく。御袴料は結納金の一割、松魚料と柳樽料は婿方の半額とする。最近では嫁方からの結納も、当日その場で渡してしまうことが多い。 
結納を納める前に行う儀式 特に決まった儀式はありません。
結納について  
結納時の土産について 結納時の土産はない。
家族書、親族書について  
結納当日について  
お返し結納について 婿方からの結納飾りを利用し、小袖料を袴料に替え目録の中身を書き替える。紙は青に替える。最近は婿方の結納より一、二段下の飾りを使用する方法もある。袴料は結納金の一割位。
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について  
仲人への御礼