■福島県の結納について■
品数 5〜9品
結納金の名称 御帯料
結納金の金額 5〜100万
結納金額の基準 月給の3ヶ月分 
品目 目録、長熨斗、御帯料、友白髪、末広、寿留女、子生婦、家内喜多留、勝男節
特徴  
結納及び結納返しのしきたり ここでは、会津地方の例と中通り地方の例を紹介する。会津地方の結納は、仲人が両家を往復する形で取り交わされている。仲人は午前中に婿方へ行き、用意された結納品を受け取り嫁方へ向かう。嫁方では近親者が集まり、仲人を迎える。嫁方に着いた仲人は座敷に進み、床の間正面の上座に座る。嫁方の両親、嫁、近親が、一同座ったところで、結納品を三方に載せて差し出し、口上を述べる。これが終わると、嫁方の上座のものが受け取り、返し向上を述べる。次に婿方からの目録及び親族書を被見し、下座のものへ順々にまわしていく。以上で式は終了し祝宴となる。仲人は頃合いをみて(婿方へ午前中に着くよう)嫁方からの結納返しを受け取り、婿方へ向かう。結納返しは品目のみで、現金での返しはふつう行わない。もし返す場合は「半返し」となる。なお双方の受書は話合いにより、使用する場合と使用しない場合とがある。中通り地方では一般には行わない。行う場合、仲人は再度嫁方をたずね、婿方の受書を届けることになる。        一、司式者挨拶(これは仲人が兼ねることがある) 一、媒酌人挨拶 一、定めの盃(結納前に「サダメ」をしていれば行わない) 一、結納品授受 一、受書の交換(結納返しを省略する場合、婿方は用意しない) 一、記念品あらため(ふつう婿方は指輪、嫁方はタイピン等)  一、親子盃 一、親族盃 一、媒酌人の言葉 一、答礼 一、祝宴 となる。 一堂に会して行うのが一般。仲人夫婦、双方の両親、双方の親戚代表(一人)そして本人二人が図?野用に座る。結婚式の手順は、次の通りである。 
結納を納める前に行う儀式 「樽入れ」「友白髪茶」「さだめ」酒一升と鯣一束を持参する。現在は結納と同時に行うことが多い。郡山地方では婿方は白い袋に、嫁方は赤い袋にそれぞれお茶を入れ結納の当日持参する。結納の前に両家のお茶を混ぜ一同で呑み結納の式を行う。
結納について 結納の品は関東式一台セットのものでタテ目録の九品揃が多く利用されている。目録、のし、金包、末広、白賀、子生婦、寿留女、鰹節、家内喜多留の九品、家内喜多留は酒一升の現物と多留料で持参する場合とがある。目録の頭初の書入れは帯料と袴料で、宛名は親同志が多い。結納は交換式で、両家同程度のものか又は嫁方が一段下のものを使用するが、最近は嫁方からは受書に熨斗、末広を添えて返す事が多くなった。結納金は五十万〜百万位である。
結納時の土産について 土産は結納式の時、引出物を出すので持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は使用する。
結納当日について 自宅で式を行う場合婿から仲人(男のみ)一人で結納品、親族書、酒一升を持参し嫁方からは受書、親族書と朱塗りの盆を用意しておく。嫁方では予め親戚を招き仲人を迎える。結納式が終り酒肴のもてなしが行われるが、この時に婿方より持参した酒を用意された朱塗りの盃での盃を行い半分を残す。残された半分の酒と朱塗りの盃は仲人が婿方へ持ち帰り婿方でもカタメの盃を行う。嫁方の招いた客には祝膳と引出物を出すので招かれた人は当日の祝儀として1万円位をお祝として持参する。式場等で行う場合は仲人立会いのもとに両家の両親、本人、親族代表、近しい人が出席し自宅の場合と同様の式を行う。唯酒のもてなしは婿方より嫁方へ交互に盃の廻し呑みを行い盃を交わす。祝宴の引出物は結婚式に準じて行い、当日婿から嫁へ箪笥一棹が道具として贈られる。この場合箪笥だけの目録を添える場合と結納目録へ一緒に書き入れる場合とがある。当日の費用は折半が多い。
お返し結納について 結納は交換式で両家同程度のものか、嫁方が一段下のもので行う。
荷物納め及び土産について 昔は婿方で家具一式を用意し嫁方へ贈られたものであるが、現在は箪笥一棹だけ贈ることが多くなっている。又家具店等の業者が直接届けることが多いので荷目録は使用しない。祝儀は出さない。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 以前は嫁迎えが行われたが現在殆んど行われなくなった。ホテル・式場等の利用が大変多くなった。仲人の御礼は結納金の10〜20%程度が多い。
仲人への御礼