■群馬県の結納について■
品数 9品
結納金の名称 帯料
結納金の金額 50万
結納金額の基準 月給の3ヶ月分 
品目 目録、長熨斗、金包(帯料)、勝男節、寿留女、子生婦、友白髪、末広、家内喜
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 結納品は本来仲人一人が持っていくものとされている。一般的な口上の後、結納品が交わされ、嫁方からは袴料として半額を返すことが多い。内容的には東京とほぼ同じである。 
結納を納める前に行う儀式 「口固め」「樽入れ」仲人と父親が酒一升と鯣一束を持参する。嫁方では両親、親族代表とで迎え、「口固め」の盃を行う。仲人はこのことを近隣に報告のあいさつ廻りをする。婿方では仲人から「口固め」の報告を受け両親、親族代表が集まり、「口固め」の盃を行い嫁方と同様仲人が近隣にあいさつ廻りをする。酒と肴は仲人が用意する。昔は「口固め」が終るとアシイレを行ったが現在は行われない
結納について 東京と同じで、七品が多く使用されている。
結納時の土産について 土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は使用しない方が多い。
結納当日について 東京と同じようであまり変わらない。以前は自宅の結納式が多かったが、現在はホテル、料亭等の出合いの型式が多くなった。
お返し結納について 嫁方は婿方のものより一段下目のものを揃え当日交換する。
荷物納め及び土産について 戦前は嫁迎えの前に荷送りをしたが、現在は東京とあまり変らない。祝儀は出さない方が多い。
結納から結婚式までに行われる儀式   
結婚式について 嫁迎えがあったが現在あまり行われない。仲人、本人、親族代表が奇数の人数で嫁迎えに行く。嫁方の家の手前にナカヤド(中宿)と言い一休みする所を設ける。ナカヤドは一般に嫁方の橋渡しの人か、仲人又は親族代表の家を利用することが多い。
ナカヤドではオチツキと言い、婿の気持を落ちつかせるために茶菓の接待をする。ナカヤドには嫁方の案内がいてここから嫁の家迄案内する。嫁方では結婚式と同じように盃をかわし祝宴を行い、終わって仲人が嫁をつれ婿方へ向う。
途中婿方でもナカヤドを用意し嫁を一休みさせてから婿方の家へ行くが、ナカヤドで休憩中未婚の男性が障子に穴をあけて中を覗く風習がある。その穴が沢山ある程安産だとされていた。
玄関には麻を〆縄風に張り松明(麻ガラ)を焚き、嫁は笠をかぶり松明をまたいで縁側からから家へ入り結婚式を挙げる。当日の引出物は菓子折のようなものが多く組単位に披露宴へ招待する。
(組とは都会の町内会のようなものであるが、もっとつながりが深いと聞く)会場は最近都市部ではホテル・式場、地方では公民館が多く利用されている。 
仲人への御礼 仲人の御礼は結納金の10〜20%程度が多い。