■広島県の結納について■
品数 5〜9品
結納金の名称 御帯(料)
結納金の金額 50、70、100万
結納金額の基準  
品目 茂久録、熨斗、寿栄広、御魚、松魚、家内喜多留、子生婦、友白髪
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 一般に仲人と父親が嫁方へ持参する。簡単な挨拶の後、仲人は座敷の床の間を借りて、結納品を飾り付ける。全員が席に着くと仲人の口上があり、目録を嫁方の父親か本人に渡す。嫁方は答礼をし、目録と結納品の照合、結納金の確認をする。なお、金包は別室であらため、そこで受書を作成する。この後、祝膳となる。嫁方からの結納返しは、広島では結婚式当日か荷送りの時、持参するのが通例である。婿方のものより二、三段控えめな飾りとし、これには白と緑の合わせ紙を用いる。御袴料は気持ち程度でよい。ただ酒肴料は婿方と同額にする。
結納を納める前に行う儀式 「決め酒」「かため」「根切り」婿方より酒、肴を贈る。酒肴料が多い。
結納について  
結納時の土産について 結納時の土産はない。
家族書、親族書について 家族書、親族書はつけない場合が多い。
結納当日について 婿方では祝膳を用意し、仲人に金額を改めてもらい先方に出向く。両親、本人も同行する。嫁方では両親と本人が受ける。接待は会席料理と手づくり料理を一緒に出すことが多い。お土産という意味で何か持って帰ってもらう。
お返し結納について  
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について ホテル、結婚式場で行う事が多い。挙式料は婿方負担で披露宴は六分四分である。仲人への御礼は結納金の一割位であるが、それはあくまでも目安であって、それよりも多い金額になる事も多い。
お祝い お祝いは現金又は品物に熨斗、末広を添えて片木台にのせ、帛紗をかけ、式の一週間位前までになるべく早く吉日に持参する。受側は「夫婦紙」に祝金の一割を添えて返す。