■北海道の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 帯料
結納金の金額 50万
結納金額の基準  月給の3ヶ月分
品目 目録、長熨斗、末広、帯料、結美和、勝男節、寿留女、子生婦、友白髪、家内喜多留
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 一般に「御結納」といっている。吉日を選び、婿方の仲人あるいは両親が持参する。結納品の他に家族書、親族書、健康診断書(本人)を添える。嫁方では結納の受書を準備し、桜花湯、昆布茶、菓子等で接待する。婿方の口上としては一般に「このたびはご丹精にお育てのお嬢様を早速ご承諾下さり、ありがとうございます。本日はお日柄もよろしく、お約束の印として結納を持参しました。何卒幾久しくめでたくご受納下さい。なおご親類の皆様方にもよろしくご披露下さいますようお願い申し上げます。」(以後同種のものは省略し特別なものだけ紹介)婿方の結納を受けた嫁方では、結納返しとして、熨斗、袴料(「お結び」ともいう)、寿留女、子生婦、友白髪、末広、家内喜多留などを、家族書、親族書、健康診断書とともに婿方(仲人)へ納める。袴料というのは、婿方からの帯料(結納金)に対するお返しである。北海道では、帯料の三割程度の金額を返すのが一般的なようだ。次に祝宴となり、仲人のみが持参した場合には、嫁方からの受書と結納を婿方に持参し、報告する。北海道といっても、その内容は本土で行われているものとほとんど同様である。また近年、ホテルなどで一堂に会するという方式も多く、これも全国的な傾向である。
結納を納める前に行う儀式 「樽入れ」「きめ酒」仲人が酒一升鯣一束を嫁方に持参する。両親、本人で持参する場合もある。
結納について  
結納時の土産について 結納時の土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は使用しない方が多い。健康診断書を添える場合もある。
結納当日について 最近は一般傾向としてホテル・式場等の結納式が大変多くなった。北海道は土着の人が少なく慣習にこれといって特筆するものはない。仲人、両親、本人で出席し親族代表は出席しない方が多い。
お返し結納について 婿方のものより控え目のものを使用し結納金は婿方の二割〜三割程度が多い。又最近は品物で返すことが多くなり、この場合、袴料の所へ御結と書き入れ洋服・和服・装身具等身につくものを贈る。
荷物納め及び土産について 荷目録の使用はあまり多くない。挙式の一週間か2日〜3日位前に荷宰領(仲人又は親族代表)に付添人がつき荷物を運ぶ。荷目録を使用する場合は片木盆に荷目録、鍵袋をのせ持参する。当日のもてなしは結納より控え目にし運搬人には祝儀を出す。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 最近はどちらでもよく行われているホテル・式場等の利用が多く、自宅の場合は少ない。嫁迎え等は殆んどない。仲人の御礼は男性結納金の20%程度が多く、仲人から頂いたお祝金と仲人夫人の当日の御仕度料、車料等を合せた額より多めにする。
仲人への御礼