■茨城県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 帯料
結納金の金額  
結納金額の基準 月給の3〜5ヶ月分
品目  
特徴   
結納及び結納返しのしきたり 結納オサメともいっている。かつては婿方からの結納品として、嫁が婚礼のときに着る江戸褄や弔時の喪服など一揃えと、昆布、鰹節などを現物で7品から9品持参するが一般的であったが現在では略式の市販のものを使用することが多い。嫁方では仲人の持参した品物と目録を照らし合わせ、受書を渡す。仲人はこの受書を持って婿方へ行き結納成立となる。なおこの日は双方で近所の人を招き祝宴を開く。酒は仲人が用意することが多く、この時も嫁方が半分、婿方で残り半分を飲むことになっている。
結納を納める前に行う儀式 「樽入れ」「しめ樽」仲人と本人が嫁方へ行き仲人に酒一升分の現金を渡し本人は先に帰る。仲人は酒を買い求め嫁方と固めの盃をかわし、かわし残した酒を持ち帰り婿方でも固めの盃をかわし、婚約が成立する。その日の内に両家の親族代表を招き婚約の成立を報告し残した酒で祝宴を行った。現在ではごく一部で行われている様である。
結納について 東京と同じで、七品が多く使用されている。
結納時の土産について 土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は使用しない方が多い。
結納当日について 東京と同じものを使用する。両家でそれぞれ受書を出すので仲人は両家を往復することになるので、最近はホテル、料亭等で行う出合いの型式が大変多くなった。結納式後の祝宴は充分なもてなしと引物を添える。祝儀は出さない、出合いの場合費用は折半が多い。
お返し結納について 嫁方は婿方のものより一段下目のものを揃え当日交換する。
荷物納め及び土産について 仲人と親族代表で荷送りのため荷目録は使用しない方が多く家族、親族への土産は持参する。祝膳は折詰程度で祝儀は出さない方が多くだしても小額である。  
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 嫁迎えがあるが大変少ない。仲人、本人、親族代表が奇数の人数で嫁迎えに行く。仲人は酒一升、肴と着物一枚を持参する。嫁方は頂いた着物をたたみ直し婿方へ返す。あくまでも形式的なものであるが、一つのものを両家で使用する近づきの印として行う一つの儀式のようである。近づきの盃をかわした後、嫁方、婿方の親族代表と仲人が門先き(カドサキ)を三度往復した後、嫁を婿の家へ送る。婿方では玄関前に子供二人に家紋入りの提灯を持たせ出迎える。一行は玄関先を三度往復し家へ入る。式は新郎、新婦が向い合って座り鯉二尾を背中合せにならべ、青年団代表の謡曲高砂につれ盃をかわし式を終る。終ると鯉を腹合せにならべ直し結婚式が終る。現在はホテル・式場等の利用が多くなり大変少くなった。
仲人への御礼 仲人の御礼は結納金の10〜20%程度が多い。