■石川県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 帯料(代)
結納金の金額 30、50、100万
結納金額の基準  
品目 目録、熨斗、酒(二本)、寿留女(十枚)、子生婦、末広、優美和、その他(神前、仏前)
特徴 結納品として「福地」つまり服地を加えることが多い。現在では洋服生地か既製服を贈ることが一般的になっている。
結納及び結納返しのしきたり 加賀地方では、結納をシメサゲ、ホンザケ、ウチアゲともいっている。この日は仲人だけ、または婿方の親を伴って、嫁方へ結納を持参する。結納品の他に、酒、土産類を持参するのが一般で、酒は赤い角樽に、「友白髪」とレッテルを貼った清酒二本を添える。土産類は嫁に反物や指輪、両親にはそれぞれ上物のワイシャツ、反物、また嫁の兄弟姉妹、孫へも衣類や玩具などをやることが多い。その他、「神前」として神酒、「仏前」として、線香、蝋燭などを添えるのが、この地方のしきたりとなっている。これら土産類の目録は、結納品とは別に用意し、添える。嫁方に着くと仲人は「本日はお日柄もようございますので、〇〇家から、テシオに掛けられました大切なお嬢様のご縁結びの印として結納を持参しましたので、お納め願います」と口上を述べる。嫁方でもこれを受けて、答礼の口上を述べる。結納返しは特別に行わないが、土産類の返しとして、嫁入り道具とともに、後日結納と同様な形式で贈られる。結納式が終わると、以前は仲人を酒で接待したが、現在はこれを省き、「御膳代」と「御車代」を包み、茶菓子程度で済ませることが多い。したがって結婚式の日取り、会場、人数等の打ち合わせも他日に行われるのが一般である。
結納を納める前に行う儀式 「たもと酒」酒二升と鯣を仲人か婿の父親が持参する。
結納について  
結納時の土産について  
家族書、親族書について 家族書、親族書はない。
結納当日について 婿側からの仲人の主人と両親、本人が午前中に持参する。婿側では出発前に仲人に祝儀を出す。嫁側は予め受書を用意し、両親、本人親類代表で受ける。嫁側の接待は披露宴に準ずる程度とされ、仲人には祝儀を出す。又嫁側の結納の披露も郡部へ行くとかなりされている。
お返し結納について 結納の返礼は頂いた結納を使用する場合と、新しく造る場合とがあり半々である。結納金の返しはなく、呉服に対する返礼として本人に着物・洋服を贈る。
荷物納め及び土産について 婚礼より一週間位前に荷物を出す。婚礼仕度はかなり派手で仲人と荷宰領が荷目録を持参する。家族への土産もある。婿方の接待は結納時よりやや控え目に。荷受書を用意する。両家共、祝儀を出す。
結納から結婚式までに行われる儀式 「合わせ水」と言い、嫁は家の水を竹筒に入れ、式前に婿の家へ持参する。婿方ではやはり竹筒に自分の家の水を入れておき、一つの器に双方の水を入れる。この後に嫁の仏壇へのお詣りがある。
結婚式について  
仲人への御礼