■岩手県の結納について■
  岩手県(北部地方) 岩手県(南部地方)
品数 7、9品 7、9品
結納金の名称 帯料 帯料
結納金の金額    
結納金額の基準 月給の3〜5ヶ月分  
品目 目録、長熨斗、金包(帯料)、勝男節、寿留女、子生婦、友白髪、末広、家内喜多留  
特徴     
結納及び結納返しのしきたり 結納、結納立てといっている。サケタテを済ました後、大安の日を選び、仲人、婿方の親族が嫁方の実家にへ行く。結納を持っていく人数は奇数にし、各自役が決まっている。結納返しは嫁方より袴代として、結納金の半額(半返し)を返すのが一般である。  
結納を納める前に行う儀式 「きめ酒」仲人が酒一升と肴料(五千円〜一万円)を嫁方に持参する。結納と同時が多い。 「こ酒」仲人か親が酒二升と鮮魚1〜2尾を嫁方へ持参するが鮮魚を手土産にする事もある。昔は宮城県の県境に住む人が宮城県の人と話が決まると、「こ酒」の他に貰受状、進参状を使用したが現在は結納の時に同時に行うことが多い。
結納について 結納の品は関東式で一台セットのタテ目録を使用。九品揃が一般によく利用される。目録、のし、金包、鰹節、寿留女、子生婦、友白賀、末広、家内喜多留の九点で目録頭初の書き入れは、現金の場合は結納料壱封又は〇〇円と書く、金額は五十万〜百万位。品物の場合は贈る品の名称(式服壱揃)を書き結納金に見合う位の品を贈る場合もある。優美和を贈る場合は他に化粧料として十万位を添えて十一品にする。嫁方からの返しはないが、受書に婿本人の身につく品(紋服、時計等)を添えて出す。受書には結納金の金額をはっきり書く 北部と同じで結納品は関東式で七品揃が一般に利用されている。結納金は五十万前後で、嫁方からは受書のみで返しはない。
結納時の土産について 土産は持参しない。 土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書の使用は四割位。 家族書、親族書の使用しない方が多い。
結納当日について 当日仲人、両親、本人で嫁方へ結納を持参するが、仲人だけで行く場合もあり事前の話し合いできめる。両親、本人が行く場合は紅白の祝菓子一折に当日の費用分位を手土産として持参する。式が終って嫁方より祝膳に引出物を添え祝宴を行い宴半ばで仲人に車代を差しあげる。額はケースバイケースで当日の費用は嫁方で負担する。最近ホテル等での出合いの方法が多くなって来た。費用は折半。 最近ホテル等での出合いの方法が多くなりつつあるが、まだまだ自宅で行う方が多い。当日婿方から仲人、両親、本人、親族代表が奇数の人数で嫁方へ行く。嫁方では祝膳を用意し祝宴を行う。都市部では最近ホテル・料亭等の出合いの式が多い。自宅で行う場合の費用は嫁方の負担であるが婿方では酒肴料として当日の費用の半分位を持参する。この時酒一升を添えることもある。出合の場合の費用は折半で仲人の祝儀は車料程度でむしろ出さない方が多い。この日の分も含め結婚終了後の御礼に加算するのが一般である。
お返し結納について 結納の返しはないが、本人の身につけるもの(紋服・時計等)を贈る。  結納の返しはないが、本人の身につけるもの(紋服・時計等)を贈る。 
荷物納め及び土産について 荷目録は使用するが荷受書は使用しない。婚礼前の吉日を選び荷宰領が荷目録と共に持参する。宰領は親族代表がつとめ仲人はやらない。婿方では嫁入り迄預る意味で荷受書は出さない。口答で、「お預りいたします」とだけ答える。受渡しが終ると簡単な祝膳と引出物を添え祝儀を出す。祝儀は家により異なり一定していない。運転手、運搬人には3千〜5千位の祝儀を出す。家族、親族の土産は出す家と出さない家がある。 荷目録、荷受書は使用する。当日のもてなしは荷宰領の仲人に祝膳を出すだけで祝儀は出さない。運搬人には祝用折詰と3千位の祝儀を出す。家族、親族の土産は出さない方が多い。
結納から結婚式までに行われる儀式     
結婚式について 結婚式はホテル・式場等の利用が多く一般的である。当日嫁方から鶴、亀のついた祝菓子を一折近づきの印に持参する。 結婚式は北部と変らない。仲人の御礼は式後、日を改めて両家で仲人宅へ伺うのが一般である。都市部からはなれた所では場所にもよるが、披露宴の最中両家で仲人宅へ出向く場合もあり、会場で直接そっと渡す場合もある。仲人の御礼は結納金の20%位が一般に多い。披露宴のお開き後親戚等からハナムケと言い新婚旅行の小遣いを贈る場合もある。
仲人への御礼