■香川県(讃岐地方)の結納について■
品数 9品
結納金の名称 御帯地、帯料
結納金の金額 100万
結納金額の基準  
品目 茂久録、長熨斗、末広、御帯地、寿留女、子生婦、高砂、由美和、たい、柳多留
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 本来は仲人夫婦だけで行ったが、最近は本人と父親がいっそに同行することが多い。嫁方では両親と本人とで結納を受け、酒肴の接待をする。また受書はヘギ盆に載せ、仲人に渡す。なお、仲人への祝儀は両家から別々にだし、金額は結納金の一割程度が一般である。嫁方からの結納返し(返しのし)は、荷送りのときに行う。品目は、お袴地、友志良賀、子生婦、松魚、竹葉、長熨斗、末広など。御袴地は結納金の一割程度がふつうだが、別に指定されていない時は一分(百分の一)くらいを入れる。包紙は松葉色(緑)を用いる。この返しのしの他、土産として婿方の先祖へ線香を、家族へは奉書紙に水引を掛けた適当な品を贈る。婿方ではお返しに対する受書を出す。
結納を納める前に行う儀式  
結納について  
結納時の土産について 結納の時は土産はない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は結納目録と一緒の台で、上書きは「家族書、親族書」と書き出す。
結納当日について  
お返し結納について 結納飾りは婿方の物を使用。紙を青に替える。荷物送り又は結婚式当日に届ける。簡単な場合は目録と袴料の金台だけを青に替える。指輪の返礼はネクタイ又は時計が多い。袴料は結納金の一割。
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 以前は、家庭で婚礼を行っていた関係上、結婚式の費用は婿方がすべて負担する場合が多かったが、現在は結婚式場、ホテル等で行う様になってからは式費用、引出物、その他は婿方負担という事が多い。披露宴に関しては双方の人数割で行う事が普通。
仲人への御礼