■鹿児島県の結納について■
品数 7品
結納金の名称 小袖料
結納金の金額 50〜100万
結納金額の基準  
品目 目録、熨斗、友白髪、末広、小袖料、酒肴料、化粧品、銘茶
特徴  
結納及び結納返しのしきたり  
結納を納める前に行う儀式 特に決まった名称はないが、酒一升と鯛一尾又は菓子を持参する。
結納について  
結納時の土産について 一般的に家族への土産はない。但し嫁側は結納当日、仲人、婿方へ土産を準備する。風呂敷に海の幸(勝男武士、薩摩揚げの折詰等)山の幸(椎茸、かるかん)をそれぞれ一個づつ二折を包み揃えます。
家族書、親族書について 家族書、親族書を出すこと多少あり。
結納当日について 婿方は仲人夫妻と両親、本人で納める。嫁方は両親と本人で受ける。接待は仕出料理、引出物としては、かつお節や菓子折を出す。嫁方は仲人に御車料として祝儀を出す。結納披露はする所としない所がある。
お返し結納について 熨斗、末広、袴地料、柳樽料、松魚料の五点で返礼する。袴地料は結納金の一割程度が多い。背広や反物等、品物の場合もある。その時一緒に時計、カフス等を指輪の返礼として持参する。結納から二週間後の大安吉日に仲人と、母親が持参する。
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式 仲人が荷宰領を務め婚礼の一週間位前に治める。午前中といった決まりはない。婿方ではごく簡単な接待をし、祝儀を出す。手伝人にも祝儀を出す。家族への土産はしない。
結婚式について ホテル、結婚式場で行う。出席者が同人数の場合は六分四分で婿方負担、人数に差がある場合は人数割にする。御礼は結納金の一割を両家折半で出し、式の翌日にお礼を持参する。仲人が婿方からの場合は六分四分で婿方が負担する。
仲人への御礼  
出産について 嫁の里より妊娠五ケ月目の戌の日に晒一反と土産又は金封(御祝)を持参する。