■高知県(土佐地方)の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 結納料
結納金の金額 50、70、100万
結納金額の基準  
品目 目録、熨斗、寿恵広、結納料、共白髪、子生婦、御樽料、勝男武士、結美和、生草(スルメ
特徴 品目として特に珍しいものはないが、下線で示したように、スルメは「寿留女」ではなく「生草」である。高知ではかつて結納のことをナマグサと称した地域が多かった。これは婚約の日がハレの日でありしたがってナマグサを食べてもよいひと考えたことから生じた呼称であると思われる。そうした名残がスルメの表記にもでている。
結納及び結納返しのしきたり 一般に結納をイイレといっている。仲人は大安吉日を選び、「汐の込んでいる内」に先方へ納めに行く。婿方では仲人が結納品を受けにくると、昆布茶か桜茶をだし、イイレのお願いをする。仲人は嫁方に着くと、結納の飾り付けを行う。これが済むと、目録の上に富久沙を掛けて、嫁方の主人に差し出し、口上を述べる。嫁方は「御請」と書かれた受書を仲人へ渡した後、酒肴で接待する。なお、嫁方からの結納返し(お返しのし)は、婿方より一段控えめとし、目録とともに渡す。指輪を貰った場合は、返礼としてタイピンセットなどを加えるのが一般である。
結納を納める前に行う儀式 特に決まった儀式はない。
結納について
目録  
一、熨斗 壱連
一、寿恵広 壱対
一、帯料(小袖料) 壱封
一、柳樽料 壱対
一、松魚料 壱封
一、友白髪 壱台
一、子生婦 壱台
  以上
右の通り幾久敷目出度御受納被下度候也
この地方では結納品の事を「おのし」と呼んでいる。昔は「生草(なまぐさ)」又は「田実(たのみ)」といっていた。近畿地方の「飯入れ」と同じである。「おのし」とは熨斗、寿恵広、結納料、柳樽料、松魚の五点に共白髪、子生婦を付けて七品が多い。この他、上級の品には勝男武士、寿留女、久萬引(干した魚のこと)等を用いて高級化されて来ている。紙は男方は青、女方は赤と色分けをしていたが現在は両方とも赤い紙で折って、おのしを男女共に交換する。紙の折り方は男女格々折り方が違うが大きさは同じである。
男性側、女性側それぞれ「おのし」を整え、吉日を選び、同じに取交しを行います。その際、嫁方は婿方に一歩譲って金額的にすぎる事のない様に気を付ける。受書は嫁方のみ出す。
結納時の土産について 結納時の土産はない。
家族書、親族書について  
結納当日について  
お返し結納について 結納は取交わしで、嫁方からは袴料には現金を入れず、受けた御樽料の全額を婿方へ贈ります。婿方からの松魚に対しての返礼は寿留女を贈ります。最近は松魚、寿留女等を松魚料として現金で結納料や御樽料と共に贈る場合も多くなった。現品の時は、松魚二本、寿留女二枚を添えます。受書は嫁方のみ出す。
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式   
結婚式について  
仲人への御礼