■三重県の結納について■
  三重県(北部地方) 三重県(南部地方) 四日市 伊勢 三重上野
品数       9〜15品 9〜11品
結納金の名称 小袖料、衣服料 小袖料、衣服料 小袖料、衣服料 小袖料、衣服料 小袖料、衣服料
結納金の金額 80、100万 80、100万 80、100万 80、100万 80、100万
結納金額の基準          
品目       目録、熨斗、小袖料、酒さかな料、寿恵広、友志良賀、寿留女、子生婦、高砂(人形)、指輪、ネックレス、和傘、、洋傘、履物、足袋、下駄 目録、熨斗、末広、衣服料、清酒料、松魚料、結美和、高砂、寿留女、子生婦、友白髪、五福(呉服)
特徴      

 

伊勢地方では結納品に、ネックレス、洋傘、履物セット、足袋、下駄などを加えることが多い。他地方と比べて品数が多いのはこのためである。 上野市周辺では「五福」として呉服を加えるのがしきたりである。
結納及び結納返しのしきたり 結納オサメといっている。たいていは午前中に行うことが多いが、土地によって夕方のところもある。正式には仲人夫婦が納めに行くが、最近は本人も同行している。また結納返しは当日、婿方からの小袖料の一割程度を「寿」の包に入れ、寿恵広と受書の三品を返礼するのが一般である。仲人はその日のうちに婿方へこれを持参する。  〃  〃 伊勢地方では仲人を向かえる嫁方では、まず昆布茶を出汁、結納式後本膳を接待する。 結納オサメといっている。たいていは午前中に行うことが多いが、土地によって夕方のところもある。正式には仲人夫婦が納めに行くが、最近は本人も同行している。また結納返しは当日、婿方からの小袖料の一割程度を「寿」の包に入れ、寿恵広と受書の三品を返礼するのが一般である。仲人はその日のうちに婿方へこれを持参する。
結納を納める前に行う儀式 「きめ酒」酒一升を角樽に入れ、鯣を一緒に持参する。 「きめ酒」酒一升と鯛、又は肴料を持参する。最近は結納と一緒に持参する例が多い。 「きめ酒」酒一升を角樽に入れ、鯣を一緒に持参する。  〃  
結納について 結納は愛知県西部地方準じて九品〜十一品であるが、「向え傘、向え下駄」と称し基本的には嫁の傘、履物の天気用、雨降り用、両方を持参する。 北部地方に準じているが関西の風習がかなり入っている。目録の型は平目録で熨斗、小袖料、家内喜多留料、松魚料、末広に指環といった例が多い。呉服細工等は殆んど使用しない。結納品の単価は北部地方に比べ、やや低い。 結納は愛知県西部地方準じて九品〜十一品であるが、「向え傘、向え下駄」と称し基本的には嫁の傘、履物の天気用、雨降り用、両方を持参する。  〃  〃
結納時の土産について 結納の時に土産を持参する例は非常に少ない。  〃  〃  〃  〃
家族書、親族書について 家族書、親族書はない。  〃  〃  〃  〃
結納当日について 婿方は仲人に銚子一本位を出す。結納始めは殆んど午前中であるが所の風習で夕方に結納を治める所もある。仲人夫婦で治めるが最近は本人が同行する場合も多い。服装は礼装が正式であるが略礼装で出向く場合が多い。 婿側は昆布茶、菓子程度の接待で主に仲人夫妻で出向き礼装である。午前中が多い。嫁側は本膳の接待をする。嫁本人と両親で受ける。祝儀としては結納当日嫁側が包んだ結納金の一割を婿側より寿、又は御祝儀として仲人に差し上げる。 婿方は仲人に銚子一本位を出す。結納始めは殆んど午前中であるが所の風習で夕方に結納を治める所もある。仲人夫婦で治めるが最近は本人が同行する場合も多い。服装は礼装が正式であるが略礼装で出向く場合が多い。  〃  〃
お返し結納について 一般に引出結納はない。  〃  〃  〃  〃
荷物納め及び土産について 荷目録は使用する。荷物納めの時に土産も持参する。婿方では酒肴で接待する。又、結納の時に頂いた宝船を荷物を積んだ先頭のトラックの上に飾りつけて行く様な事が最近ではある。  〃  〃  〃  〃
結納から結婚式までに行われる儀式          
結婚式について ホテル、式場で行う事が多い。式費用は婿方六分、嫁方四分で負担する。仲人に対する御礼は結納金の一割程度としている。旅行等すべての事が済んでから両家の親が二人で持参する。金額は六分四分で婿方が負担する。  〃  〃  〃  〃
仲人への御礼