■宮城県の結納について■
品数 5、7品
結納金の名称 御結納料
結納金の金額 70〜100万
結納金額の基準  
品目 目録、長熨斗、金包(御結納金)、子生婦、末広、友白髪、貰受状
特徴 「貰受状」という印刷物を結納品目に必ず加えている。これは「嫁に貰います」という証文で、候文でかかれている。これに対して嫁方では「進参状」つまり「嫁にやります」という証文を婿方におくるしきたりになっている。貰受状、進参状ともに、デパートの結納品売り場などで売っている。江戸時代の武家社会(仙台藩)で行われていたしきたりを今日でも守っているわけである。
結納及び結納返しのしきたり 「結納をかわす」「ナイザケ」などといわれている。婿方からは、仲人夫婦、両親、本人、父方の本家の戸主、母方の実家の戸主が行く。迎える嫁方でもこれと同様にする。婿方はふつう結納品の他に角樽一つと親族書(三代まで記入)を持参する。最近はこれに本人の健康診断書を加える家も多い。結納式を行う部屋は床の間のある座敷が一般である。床の間に掛軸(鶴亀の絵)をさげ、松竹梅を生け、香をたく。仲人夫婦はそれを背に上座に座る。他の人々も図?のように席につく。桜湯が出された後、仲人が口上を述べ、結納の取り交わしが行われる。これは仲人と両家の父親の間で行われ、まず婿方の父親が目録を読み上げ、嫁方の父親に渡す。嫁方の父親はそれを確認して納め、受取状(受書)を婿方へ渡す。最近ではこの後、結納返しを行うことが多い。本来は日を改めて後日行ったものだが、近年は同日に同じ場で行うようになってきた。品物で返す場合、末広、そして前述した「進参状」を用意する。お金で返す場合は「御袴料」として半返しである。品物と袴料両方を返す場合はなく、どちらか一方としている。次に婿が嫁に指輪をはめる。仲人が「これで婚約がめでたくあいととのいました」と挨拶し、親戚紹介に移り、宴席となる。仲人が祝いの謡を歌ったり、婚礼の日取り、場所などを打ち合わせる。宴なかばになると、「顔見せ」といって嫁が酒を注いでまわる。婿方から持参した酒だが、これは半分だけ飲み、残りの半分はその日のうちに婿方の家に持ち帰り、こちらでも親戚を招いて祝宴を行うことになっている。このように宮城県では、古いものと新しいものがうまく交じり合った形で、行われているようである。
結納を納める前に行う儀式 「口入れ茶」煎茶100グラム位に菓子折を添え持参する。現在はあまり行われていない。仙台地方では婿方から貰受状、嫁方からは進参状を出す。現在は結納と同時にすませる方法が多く行われている。
結納について  
結納時の土産について 土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書は出さないが、親族を中心にした親族書だけを出す。
結納当日について 出合いの結納式の場合は両親、本人は出席するが、自宅の結納式の場合は両親本人共出席しない。仲人と親族代表が時には出席することもあるが本人は出席しない。嫁方では両親、親族代表が迎える。式終了後に酒肴が出るため親や本人が酒の失敗を防止するためとも言われている。過去にそれで失敗し破談になったことがあったと言われる。地方へ行くと結納式が仮祝言的なもてなしをするため親戚等大ぜいを招き祝膳と引出物を添える所もある。従って招かれた人は結婚式とは別に当日祝儀を持参する。仲人の祝儀は御車料と書き一日の日当分位を包む。費用の負担は出合いの場合は折半が多く、自宅の場合はケースバイケースである。
お返し結納について 結納は交換式であるが、結納金は半返しが多い。最近は身につけるもので返す場合も多くなって来た。
荷物納め及び土産について 荷送りの時期は挙式の一週間前から2日〜3日前が多く、荷目録の宛名は親から親が多い。酒肴のもてなしは結納の時よりやや控え目にし荷宰領は親族の代表が多い。当日は祝膳のもてなしだけで祝儀は出さない。土産は家族のみで親族の土産は出さないのが通例である。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 嫁迎えがあったが現在あまり行われない。結婚式はホテル・式場等の利用が大変多い。自宅で結婚式を行う場合、嫁は勝手口から入る風習は現在も行われている。
仲人への御礼 仲人への御礼はケースバイケースではっきりとしたきまりはなく、仲人より頂いたお祝以上の御礼をするのが通常である。包には両家の名を書き入れ会場で仲人に直接渡すのが一般的である。