■長野県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 御帯料
結納金の金額 20、50、70万
結納金額の基準 月給の3ヶ月分 
品目 目録、長熨斗、御帯料、勝男節、結美和、寿留女、子生婦、末広、友白髪、家内喜多留
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 松本地方では結納をイイノウ、イイノといっている。たいがい結婚式の1、2ヶ月前に行われ、婿方の親、または近親者が仲人に案内されて嫁方へ向かう。一般口上の応答の後、結納の取り交わしが行われる。この後、結婚式の日取り、新夫婦の住居とうについて両家などで話し合う。かつての結婚式の取り決めには、多忙な時期には相互扶助を行うということも両家で確認されたというが、今ではこうしたことはなくなってきている。なお、結納返しの金額は、半返しが一般である。 飯田地方で結納前にサケイレという儀式があるが、その前にもハシカケということを行っている。これは、見合い・恋愛を問わず、話が煮詰まってくると、婿方がしかるべき人を立て、相手がこれを受ければ、縁談成立の可能性大ということになるわけだ。そして、サイケレの後、結納(ここではイイイレという)になる。婿方の仲人は吉日を選び、結納品、家族書、親族書を持参する。嫁方からの返しは、しないのが一般だが、男性の背広等を贈ることがある。
結納を納める前に行う儀式 「お酒入れ」お酒料(結納金の三パーセント程度)に鯣を添えて持参する。
結納について  
結納時の土産について 家族への土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は結納の時に取交す場合が多い。
結納当日について 婿側では仲人に酒肴の接待をし、用意した菓子折程度の手土産を持参し、嫁方へ出向く。最近は婿本人、橋かけの人も同伴する事が多くなった。嫁方では両親、本人、親族代表で受け引出物は出さない。祝儀はこの時点では包まない。
お返し結納について 引出結納は一般的にはなっていないが、使用する場合、赤白紙で造り、結納金の一割、酒料は半額位である。結納当日にする。引出結納を使用しない場合は背広・タイピンセット等に飾りをつけて贈る。
荷物納め及び土産について 荷物納めは、婚礼の前日迄に荷目録を添え持参する。婿方では荷受書を用意しておく。一般に家族への土産のやり取りは殆んどない。祝儀は両家共出す。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について ホテル、式場で行う場合がほとんどである。披露宴の費用は人数割にする。仲人へのお礼は結婚式後に両家の親が(主に父親)仲人に頂いたお祝の倍位で両家折半で持参する。
仲人への御礼