■長崎県の結納について■
品数 9品
結納金の名称 小袖料、帯地料
結納金の金額 50万
結納金額の基準  
品目 目録、長熨斗、末広、小袖料、酒料、魚料、友白髪、指輪、高砂、御知家
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 「固め」長崎市では決った儀式はない。佐世保市では酒一升、鯛一尾を「固め」として嫁方へ持参する。
結納を納める前に行う儀式  
結納について
目録
一、熨斗 壱連
一、寿恵広 壱対
一、帯地料 壱封
一、柳樽料 壱封
一、御知家 壱対
以上
右之品幾久敷芽出度御寿納下され度候也
年 月 日
結納の品は熨斗、末広、帯地料(結納金)、結美和、御知家、子生婦、寿留女、家内喜多留、賀慶鯛、友白髪等であるが、お店によって付いている品、ついていない品等がある様である。酒と鯛は福岡県と同様飾りをつける。
お返しは無いが、処によっては背広又は男物和服等を返す。宛名は本人から本人である。
結納時の土産について 長崎市内では土産を持参する方が多少ある。佐世保市ではほとんど土産を持参する。
家族書、親族書について 結納目録と一緒に台に乗せて出す。
結納当日について 婿方は仲人夫妻と付添人で行くが最近は本人も同行する。佐世保市では仲人夫妻と両親、本人も行く事が多い。嫁方は両親と本人と近親者が出席する。接待は仕出料理を用意する。土産は赤飯の折詰と菓子折程度。
お返し結納について 結納に対する返礼はない。土産として背広、反物等を送る程度である。 
荷物納め及び土産について 結婚式の二・三週間前の吉日を選んで持参する。仲人と親族代表又は両親と本人が行く場合等、長崎県内でも荷宰領はいろんなケースがある。婿方では酒肴の接待をする。祝儀は出さない。手伝人には祝儀を出す。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 嫁迎えの風習は以前はあったが現在はない。結婚式の費用は、ほとんど婿方で負担する。花嫁の着付は嫁方負担、披露宴の費用は六分四分で婿方負担、又は人数割で折半にする場合もある。御礼は結納金の一割位が多く、式直後、又は後日に持参する。
仲人への御礼  
出産について 嫁の里より妊娠五ケ月目の戌の日に晒一反と土産又は金封(御祝)を持参する。