■大分県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 結納料、御結納
結納金の金額 50〜70万
結納金額の基準 月給の2、3ヶ月分 
品目 目録、長熨斗、結納料、家内喜多留、友白髪、子生婦、寿留女、末広、結美和、その他衣類(帯、留袖)、御知家
特徴  
結納及び結納返しのしきたり  
結納を納める前に行う儀式  
結納について 「寿留」「要打ち(かなめうち)」酒二升、鯛二尾、長い物(普通は反物一反)を仲人と両親が嫁側に持参する。嫁側では嫁方の仲人と両親が膳を用意して受ける。日田市は福岡の筑後地方に準ずる。
長熨斗
一、御帯料      壱封
一、末広       壱対
一、友白髪      壱台
一、子生婦      壱連
一、寿留女      壱連
一、御知家      壱双
一、家内喜多留    壱荷
一、松魚       壱対
一、優美和      壱環
右の通幾久敷芽出度御受納下され候也
結納品は十一品が基本で目録、長熨斗、帯料、末広、友白髪、子生婦、寿留女、御知家、家内喜多留、優美和、松魚であるが、その他に道中着、道中履を持って行く場合がある。
家内喜多留は酒二本か祝樽に雄蝶、雌蝶をつけて持参、松魚(鯛二匹を飾る)は金包で持って行く場合が五割位あるが、その場合婿側の人数に五千円をかけた額を包む。目録の宛名は本人から本人、嫁方からの受書はある。お返しは約五割位行われている。
その場合、品物(背広、礼服等)が多い。
結納時の土産について 婿方は結納時に家族への土産を持参する。
家族書、親族書について 家族書、親族書を出す場合は、結納目録と並べて出す。
結納当日について 婿方は仲人夫妻、両親、立合いの親族の方一人で行くが、最近は本人も行く事が多い。両親と兄弟に富久土産を持って行く。嫁方は両親と本人と主な親族で受ける。仕出し会席膳で料理を出す。引出物(菓子又は果物等)をつける。結納披露は取り立ててしない。
お返し結納について 結納に対する返礼は約三割程度が行っている。結納金の一割程度の品物で返す場合が多い。結納金の少ない場合は婿方が遠慮している様である。 
荷物納め及び土産について 結婚式の一週間位前に両親又は仲人が行く。婿方は荷受書を出す。昔は酒肴で接待したが最近は車で行くので、引出物又は酒肴料を包むかする。手伝人(家具店等)への祝儀はしない。家族への土産を一緒に持参する。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 現在は出合いが多いが田舎では仲人が嫁を迎えに行く場合が一割程度ある。式当日の費用は挙式料、写真代、祝儀は婿方が負担する。披露宴の費用は六分四分で婿方負担、嫁方が仕度料を持てば婿方が七分三分の負担となる。仲人への御礼は結納金の一割程度である。披露宴がすむ頃、両家の親が御礼の金封に末広を添えて片木台にのせて出す。又は翌日、両家の親が持参する。
仲人への御礼 結納が済んで結婚式までにもって行く。「御贐」(ハナムケ)として現金を包む。式当日は御祝儀としてお膳分料を持参する。受側は寿の懐紙を「おため」として返礼する。
その他 初めての正月は、嫁の里には大きな鏡餅重ねを御歳暮と一緒に持参する。仲人には新巻鮭を御歳暮として持って行く。
出産について 嫁の里より妊娠五ケ月目の戌の日に晒一反と土産又は金封(御祝)を持参する。