■岡山県の結納について■
品数 5、7品
結納金の名称 小袖料
結納金の金額 70〜100万
結納金額の基準  
品目 目録、小袖料、家内喜太留、松魚料、熨斗、末広、共白髪、指輪
特徴  
結納及び結納返しのしきたり ノシイレなどともいう。ここにはおもしろいしきたりがある。それは「流し風呂敷」といって、持参した婿方の目録の上に風呂敷(またはふくさ)を掛ける習慣である。昔は目録の上に掛けるのは風呂敷ではなく、羽二重の白生地であった。これを嫁がふくさに仕立て、嫁入りの際持参したのである。しかし現在では、そうした嗜みを持つ女性が少ないので、初めから出来合いの風呂敷にするようになったらしい。流し風呂敷は図?のように掛ける。結納式の手順については特殊なものはないが、岡山では結納返しの品を「土産のし」あるいは「返しのし」といっている。婿方より一段控えめな品目にする。内容は熨斗、寿恵広、袴料、家内喜多留、松魚料で、袴料は小袖料の一割としている。
結納を納める前に行う儀式 「おさえ扇子(見合扇子)」仲人を介しておさえ扇子の取り交わしを行う。男性側より男物白扇、女性側より女物扇子を桐箱に入れ、上部は寿、下部に本人の名を書いて、白木の台にのせて取り交わしをする。酒、肴を添える場合もある。
結納について  
結納時の土産について 結納時の土産はない。
家族書、親族書について 家族書、親族書はしない方が多い。
結納当日について 結納の取交わし方は広島県に準じる。
お返し結納について 結納は取交わしで、嫁方から熨斗、末広、袴料、多留料、松魚料を納めます。袴料は結納金(小袖料)の一割、酒肴料は同額を納めます。嫁方は結納当日、後日、荷物送りの日、結婚式当日に持参する。
荷物納め及び土産について 結婚式の数日前に、仲人、荷宰領の両方の場合と(どちらか一方の場合)と荷物の数により付添人が同行する。荷目録に鍵袋を添えて婿方へ届ける。婿方はお膳、酒肴でもてなす。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について  
仲人への御礼