■沖縄県の結納について■
品数 7品
結納金の名称 小袖料
結納金の金額 50〜100万
結納金額の基準  
品目 目録、熨斗、友白髪、末広、小袖料、酒肴料
特徴  
結納及び結納返しのしきたり  
結納を納める前に行う儀式 親戚の信頼出来る人を頼み娘の家へ申込みに行く、これをヨメゴイ(嫁乞)と言い、その時に使者が持参するものはお酒とお茶で相手がそれを使用すれば承諾したことになる。従って相手が承諾したがどうかを知るには「先日お届け申しあげた酒とお茶はどこそこのものですがお味は如何でしたか」と伺うと相手側では「先日の酒とお茶は大変おいしかったですよ」と返事があれば、この話は承諾されたものと解釈し今度は婿方の両親が酒とソウメンを持参し嫁側の家へ赴き「お宅の娘さんを嫁に頂きたい」と申込に行くことになる。
結納について 結納の品は結納金、沖縄式の祝事に使用する黒砂糖の入った甘い揚菓子、赤い蒲鉾、カステラ、それと現在とよく似ているものでソウメン、鰹節、昆布、鯣をそれぞれ紙に包み米俵一俵の上、下を赤い紙で包んだものを結納として持参した。この時婿方の使者は以上の他に錫製の徳利一対と錫製の盃一個を持参し、徳利のまわりをビーズで飾り酒と水をそれぞれに入れ嫁側と盃の取交しをする。この時の盃の順序は婿方から始り婿方で納まるよう配慮することが原則で終って祝宴に入る。この時の料理は三献のもてなし又は七献のもてなしをするが、この結納式の一番始めに出るものはお茶で、式の始まりはお茶が出てから始るとされている
結納時の土産について  
家族書、親族書について 家族書、親族書を出すこと多少あり。
結納当日について  
お返し結納について 熨斗、末広、袴地料、柳樽料、松魚料の五点で返礼する。袴地料は結納金の一割程度が多い。背広や反物等、品物の場合もある。その時一緒に時計、カフス等を指輪の返礼として持参する。結納から二週間後の大安吉日に仲人と、母親が持参する。
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式 嫁側で持参した荷物の中には水と酒があり、婿方でも同様に水と酒と椀二個を用意し、一つの椀には婿側の水と嫁側の水を、もう一つの椀には酒をそれぞれ混ぜる。その混ぜた酒は嫁迎えの際、行事に長じた女性が婿方の両親と盃を交し嫁を連れて来たことを報告し結婚の儀式に入る。
そしてヨリアイボン(寄合飯)を準備する。ヨリアイボンとは、
一、小魚を腹合せにしたものを七組…群をなして行動するので団結を意味する。
一、山桃の実 七粒 
一、小海老 七尾…めでたい時に使用するもの。
一、らっきょう 七粒…繁殖が強いので繁昌を意味する。
以上をそれぞれ小皿に盛りつけ赤飯と吸いもの出し箸は桃の木で作ったものを使用する。右のものを婿が箸をつけるまねごとをし、その箸を嫁の口もとへ向ける。嫁はそれを食べたまねをし次に今迄は向い合って座っていた二人が仏壇に向い直し線香をあげ只今結婚に式が滞りなく終了し夫婦になったことを先祖に報告する。最後に先にも述べた通り行事に長じた女性が水をいれた椀を持ち良い縁で結ばれるようにと唱えながら、新郎、新婦の額に三回この水をつけ結婚はすべて終了したことになる。水をもって縁を結ぶと言うことで、両家で持参する。
結婚式について ホテル、結婚式場で行う。出席者が同人数の場合は六分四分で婿方負担、人数に差がある場合は人数割にする。御礼は結納金の一割を両家折半で出し、式の翌日にお礼を持参する。仲人が婿方からの場合は六分四分で婿方が負担する。
仲人への御礼 沖縄 県では 仲人 はない
出産について 嫁の里より妊娠五ケ月目の戌の日に晒一反と土産又は金封(御祝)を持参する。