■滋賀県の結納について■
  滋賀県(彦根周辺) 滋賀県(近江八幡周辺 滋賀県(大津・草津地方) 滋賀県(水口・八日市,湖西地方 滋賀県(湖北・長浜地方)
品数       5、7品 5、7品
結納金の名称 帯地料 帯地料 帯地料 帯地料 帯地料
結納金の金額 100万 100万 100万 100万 100万
結納金額の基準  
品目       目録、熨斗、松(帯地料)、竹(家内喜多留料)、梅(松魚料)、末広、優美和、高砂人形 目録、熨斗、松(帯地料)、竹(家内喜多留料)、梅(松魚料)、末広、優美和、高砂人形
特徴           
結納及び結納返しのしきたり         結納のしきたりは、 彦根 のものとほぼ同じである。ただ湖北地方の一部では、古風な結納慣行が今も行われている。一例をあげると、西浅井町の菅浦では結納をスズイレといい、五合入りの酒壜(スズ)2本にスルメとコンブを添え、嫁方に使者二人が持参する。そして酒を半分飲み、残り半分を婿方へ持ち帰る。結果を報告した後、その酒で祝宴となる。だがこうした古いしきたりを残しているのは、もうほんのわずかであり、都会(京都)式のものが一般化している。
結納を納める前に行う儀式 「喜芽酒」仲人が特級酒一本と鯣十枚を仲人が嫁に納める。 「喜芽酒」仲人が特級酒一本と鯣十枚を仲人が嫁に納める。 京都の習慣と同じ。   「喜芽酒」仲人が特級酒一本又は二本と鯣十枚を嫁方に納める。結納と一緒に納めることが多い。品には水引をかける。
結納について
目録
一、熨斗 壱連
一、寿恵広 壱対
一、小袖料(宝金) 壱封
一、帯地料 壱封
一、家内喜多留料 壱封
一、松魚 壱台
一、寿留女 壱台
一、子生婦 壱台
一、友志良賀 壱台
一、結美和 壱個
一、高砂 壱対
右之通幾久敷目出度御受納被下度候也
熨斗、寿恵広、小袖料、帯地料、家内喜多留料、松魚、寿留女、子生婦、友志良賀に結美和を付ける。最近は以上の品に各種高砂人形を添える様になった。寿恵広には、結婚式で新婦(養子の時は新郎)が使用出来る扇子二本を入れる。
熨斗、寿恵広、宝金、帯地料、家内喜多留料、松魚、寿留女、子生婦、友志良賀に結美和及び各種の高砂人形を付ける。結納金は宝金に入れて、さらにその一割を帯地料、家内喜多留料に分けて入れる。     目録 
一、熨斗  壱連
一、末広  壱対
一、結納料 壱封
一、帯地料 壱封
一、酒肴料 壱封
一、結美和 壱個
一、高砂  壱対 
右之通幾久敷目出度 御受納被下度候也
結納品は熨斗、寿恵広、結納料、帯地料、酒肴料に結美和を添え、各種高砂人形を付ける。結納料−七、帯地料−二、酒肴料−一の割合で入れる。嫁方より受書を出す。
結納時の土産について 結納時の土産は持参しない。 結納時の土産は持参しない。 結納時の土産は持参しない。   結納時の土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書は結納当日に取交す。 家族書、親族書は結納当日に取交す。 家族書、親族書は結納当日に取交す。   家族書、親族書は結納当日に取交す。
結納当日について 婿方より仲人様が嫁方に午前中に納める。婿方も嫁方も、親族代表を招待し立派な膳を出して披露する。嫁方は予め受書、家族書、親族書を準備しておく。嫁方は仲人様に御祝儀又は御移りを出す。(結納金<金封すべて>の一割)婿方も仲人様に御祝儀を出す。 婿方より仲人様が嫁方に午前中に納める。婿方も嫁方も、親族代表を招待し膳を出して披露する。嫁方は予め受書、家族書、親族書を準備しておく。嫁方は、仲人様に御移りを出す、(結納金(宝金)の一割) 婿方より仲人様が午前中に納める。婿方は、親族代表を招待し膳を出して披露する。嫁方は親族代表が待ち受ける。嫁方の接待内容はその地方・家の習慣によって異なる。嫁方は仲人様におため又は御移りを出す。   婿方より仲人様が嫁方に午前中に納める。婿方も嫁方も、親族代表を招待し立派な膳を出して披露する。嫁方は予め受書、家族書、親族書を準備しておく。婿方、嫁方共、仲人様に対して祝儀は出さない。
お返し結納について 荷物と結納の返しは、結婚式の当日の午前中またはそれ以前の良い日か日曜日に仲人様が届ける。婚礼荷物は派手である。結納返しは、結納飾り全てを緑白の紙に替え荷目録を添えて納める。婿本人が式で使う扇子二本と結美和のお返し(登慶恵、背広、ネクタイピン、カフスボタン等)さらに結納金の一割も納める。嫁方から婿方の家族、親族の各々に御土産を、仏様に御線香、打敷、りん布団を、さらに婿方の近所に赤白のまんじゅうと子供の為のお菓子を持参する。 荷物と結納の返しは、結婚式当日の午前中またはそれ以前の良い日か日曜日に仲人様が届ける。婚礼荷物は派手である。結納返しは、結納飾りを緑白の紙に替え荷目録を添えて届ける。婿方は受書・荷受書を用意する。婿方・嫁方双方共、仲人様・荷宰領に御祝儀を出す。嫁方から婿方の家族・親族の各々に御土産を、仏様に御線香等を持参する。 荷物と結納の返しは、結婚式当日の午前中またはそれ以前の良い日か日曜日に仲人が届ける。婚礼荷物はかなり派手である。また、結納で受けた飾りを荷物に飾り付けて送る場合もある。結納返しは、緑白の紙を使い結納よりやや下の飾りを贈る。   結納返しは結婚式当日の午前中に行う。婿方の結納に高砂人形があった場合、嫁方は代りに宝船を付ける習慣がある。
荷物納め及び土産について 荷物と結納の返しは、結婚式当日の午前中またはそれ以前の良い日か日曜日に仲人様が届ける。婚礼荷物は派手である。嫁から婿方の家族、親族の各々に御土産を、仏様に御線香・打敷・りん布団を、さらに婿方の近所に紅白のまんじゅうと子供の為のお菓子を持参する。   荷物と結納の返しは、結婚式当日の午前中またはそれ以前の良い日か日曜日に仲人様が届ける。婚礼荷物はかなり派手である。また、結納で受けた飾りを荷物に飾りつけて送る場合もある。荷目録を添え、婿方は荷受書を用意する。   荷物納めは婚礼当日の午前中に嫁方の親族の人が荷宰領となり婿方に届ける。家族、親族の各々にお土産を、又仏様には線香、打敷、りん布団を持参する。
結納から結婚式までに行われる儀式          
結婚式について          
仲人への御礼          
以前は二日帰り、三日帰りと言って、式後二、三日目に嫁本人が里帰りをする習慣があったが近年は新婚旅行後に初帰りを行なう家が殆んどである。その際には、婿方は嫁方の家族、親族の各々に御土産を、また仏様に御線香を持参する。 以前は二日帰り、三日帰りと言って、式後二、三日目に嫁本人が里帰りをする習慣があったが近年は新婚旅行後に初帰りを行なう家が殆んどである。その際には、婿方は嫁方の家族、親族の各々に御土産を、また仏様に御線香を持参する。新郎・新婦・婿方の両親・仲人様が一緒に行く場合がある。両家の名前で結納金の一割を仲人様にお礼として渡す。 以前は二日帰り、三日帰りと言って、式後二、三日目に嫁本人が里帰りをする習慣があったが近年は新婚旅行後に初帰りを行なう家が殆んどである。その際には、婿方は嫁方の家族、親族の各々に御土産を、また仏様に御線香を持参する。 以前は二日帰り、三日帰りと言って、式後二、三日目に嫁本人が里帰りをする習慣があったが近年は新婚旅行後に初帰りを行なう家が殆んどである。その際には、婿方は嫁方の家族、親族の各々に御土産を、また仏様に御線香を持参する。新郎・新婦・婿方の両親・仲人様が一緒に行く場合がある。両家の名前で結納金の一割を仲人にお礼として渡す。 以前は二日帰り、三日帰りと言って、式後二、三日目に嫁本人が里帰りをする習慣があったが近年は新婚旅行後に初帰りを行なう家が殆んどである。その際には、婿方は嫁方の家族、親族の各々に御土産を、また仏様に御線香を持参する。新郎・新婦・婿方の両親・仲人様が一緒に行く場合がある。両家の名前で結納金の一割を仲人にお礼として渡す。
現金の場合、熨斗、末広、金封を贈る。広蓋、富久紗、白山紬風呂敷を使用する場合もある。彦根市内の場合婿方におくる場合は緑白、嫁方に贈る場合は赤白にする。品物で贈る場合は熨斗、末広を付け、それに目録を添える時もある。     一部お祝いに美濃紙(二帖)、熨斗、末広、金封を贈る。受側は「ため紙」に御祝金の一割を包んで返す。また、水口地方ではお祝いに美濃紙、剣先袋と金封を贈る。