■島根県(出雲)の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 宝金
結納金の金額 30ー50万
結納金額の基準  
品目
目録
一、熨斗           壱連
一、帯料           壱封
一、寿留女料         壱封
一、子生婦料         壱封
一、家内喜多留料       壱封
一、栄名料          壱封
一、八木料          壱封
一、友白髪          壱対
一、末広           壱対
結納品は熨斗、末広、帯料(袴料)、寿留女料、友白髪、子生婦料(喜婚夫料)、家内喜多留料(柳樽料)、栄名料(松魚料)、八木料の九品が基本で、その他に結美和、高砂人形をつける場合がある。家内喜多留料は二万〜三万、栄名料は一万〜一・五万位。その他の風習として「待子(マチゴ)」と言って嫁の着物又は洋服を贈る。
特徴  
結納及び結納返しのしきたり  
結納を納める前に行う儀式 特にきまった儀式はないが、酒二升と松魚をつける所がある。
結納について  
結納時の土産について 出雲地方では土産は持参しないが、石身地方では家族に祝儀と粗品料と熨斗をつける。
家族書、親族書について 家族書、親族書はない。
結納当日について 当日は仲人が婿方の使者として嫁迎えの挨拶をする。これを「迎え樽」といい熨斗、家内喜樽料、栄名料、八木料、寿恵広を持参する。同時に嫁の履物も持参する。式費用は婿方が全額負担の場合と、同人数の招待客の時は六分四分で婿方負担の場合、又婿方嫁方それぞれの人数割にする場合と三通りの場合がある。仲人への御礼は結納金の大体二割位で金封に両家の名前を書く場合は婿方が一割五分、嫁方が五分負担する。というのは結納の時に一割出しているから、又、相仲人の場合は一割づつ包む。それと頼まれ仲人の時は五分〜一割程度とされ、披露宴の時点で出すか三日後に両家で挨拶に伺った時。
お返し結納について 引出結納は荷送りの時に行う。現在ではお返しなしが多い。引出結納を使用する場合は、袴料(五千円位)と柳樽料、松魚料、熨斗、寿恵広を送る。袴料のない場合は八木料を添えて五点とする。
荷物納め及び土産について 式より一週間前に荷物を送る。この時荷物目録と本人の洋服、又は着物と先祖および家族への土産を持参する。引出結納の儀式は式当日に行っていたが、現在では荷送りと同時に行う様にしている。
お祝いは婿側には「御祝」と書き、末広を添える。嫁側には「贐」(ハナムケ)と書く事が多く、末広を添える。披露宴に招待された場合は親族の場合、多留料、栄名料、八木料、末広を盆にのせて持参する。受側は「ため紙」と祝儀を返す。
正月に婿側より嫁側の両親に鏡餅一重を贈る。
結納から結婚式までに行われる儀式 結婚式の当日又は前日位に仲人が嫁迎えの挨拶に向う。迎え樽と嫁の履物(草履)を持参する。迎え樽とは熨斗、家内喜多留料、栄名料、八木料、末広を揃え、簡単な松竹梅の飾りを付ける。当地方では特に大切な儀式となる。
結婚式について
仲人への御礼 岩田帯と樽料、肴料を嫁の里より持参する。