■東京地方の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 帯料
結納金の金額 50〜100万
結納金額の基準  
品目 目録、長熨斗、帯、末広、友志良賀、子生婦、寿留女、家内喜多留、松魚節(鰹節)
特徴  
結納及び結納返しのしきたり いわゆる「関東式」の典型例がこの東京のしきたりである。結納は吉日を選び、午前10時頃から、午後3時ごろまでの間に済ませることが通常となっている。仲人(使者)は婿方からの結納品を持参し、「お床を拝借致します」あるいは「結納を飾らせていただきます」と断り、飾りつけをする。嫁方の人々が着座したら、口上を述べ、取り交わす。嫁方では、桜湯(または昆布茶)、祝菓子を出し仲人を接待する。結納を受けたらお祝の口上を述べ、目録に目を通す。そしてあらかじめ用意してあった、結納返しの品一式を仲人に渡す。嫁方の結納品は婿方のそれより一段控えめなものがよいとされている。袴料は通常結納金の半額となっているが、両家の話合いで省略する場合もある。ただこの場合でも「片祝」を嫌うので、金包に気持ち程度の額をを入れ、金額は書き込まず、「寿」と表書きのみして取り交わす。これが終わると祝宴となり、嫁方では当日か後日に、親戚を招き、「結納開き」を行い、婚約成立の披露をする。異常が東京本来のしきたりであるが、最近はホテル、レストラン、専門式場で行うことも多くなっている。
結納を納める前に行う儀式 特に決まった儀式はない。
結納について  
結納時の土産について 結納時の土産は持参しない。
家族書、親族書について 家族書、親族書の使用は半分位である。
結納当日について 結納式を自宅で行う場合、仲人、本人、両親とで嫁方へ行くのが一般的で親族代表は出席しない方が多い。時に橋渡しの人が出席する場合もある。最近はホテル、式場等で行う出合いの型式が大変多くなって来ている。仲人立会いのもとに結納式が終ると祝宴になりお開少し前に祝儀を出すのが一般的で費用は折半が多く祝儀は一日の日当分位と車料を包む。 
お返し結納について  
荷物納め及び土産について 挙式一週間から2日〜3日位前に荷目録を片木盆に乗せ荷物と共に持参する。戦前は親族代表が荷宰領となり取り仕切ったが現在は仲人が行く場合が多い。この時、家族、親族一人一人に土産を持参するが本人へは出さない。婿方では荷目録を拝見の上荷預り書を御礼を述べ出す。当日のもてなしは結納時よりかなり控え目に行う。祝儀は一日の日当分位が多く運転手、手伝人にも出す。堅い家は使用人にも土産を贈るが、家族、親族とは別の台へのせ積み上げ方は両親を一番上に年長順に積上げ、白木製台にのせ紅白の紐で束ねる。最近は家具等は業者から直接届けることが多く昔からの送る方法は少なくなった。
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 全般的に自宅で挙式する人は殆んどいない。ホテル、式場等で挙式より披露宴迄行う場合が全部で特別の風習はない。
仲人への御礼 仲人の御礼は男性結納金の20〜30%程度が多く、御礼の時期は時に決っていないが、なるべく早い時期に済ませる。最近は特に地方との交流が多く、当日済ませる場合、新婚旅行中に両家の親同志で済ませておき旅行から帰ってから旅行の土産を持って新夫婦二人で伺う場合或は新婚旅行から帰り両家の親と揃って仲人宅へ伺う場合と色々な場合がある。御礼の包は一つの包に両家の名を書き菓子折、その他の品を添え持参する。御礼の包だけでは大変失礼なので持参しない。