■和歌山県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 小袖料
結納金の金額 50ー100万
結納金額の基準  
品目 目録、熨斗、小袖料、酒料、魚料、末広、高砂、指輪、子生婦、寿留女
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 仲人と親戚の者二人ほどが持っていく。親戚二人のうち、一人は「樽持ち」といって、角樽に懸鯛をつけたものを持って行くところもある。その他結納品として重箱にお米を入れる家もある。仲人は結納品を床の間(嫁方)に飾り、口上を述べる。嫁方の代表者が目録を受け取った後、盃のやりとりがあり、お膳が出る。仲人は受書を貰い、婿方へ報告する。また和歌山では結納返しはほとんど行われていないようである。
結納を納める前に行う儀式  
結納について  
結納時の土産について  
家族書、親族書について  
結納当日について  
お返し結納について  
荷物納め及び土産について  
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について仲人への御礼