■山梨県の結納について■
品数 7、9品
結納金の名称 宝金
結納金の金額 30ー50万
結納金額の基準  
品目 目録、長熨斗、金宝包、勝男節、寿留女、子生婦、友白髪、末広、家内喜多留
特徴  
結納及び結納返しのしきたり 結納式の手順、内容については、ほぼ東京と同じである。結納返しは以前は半返しとしていたが、近年は初めから婿方で結納金を半額にしているケースが多い。このお返しなしの場合には、かつてはご縁があるようにと五円玉を包みに入れお返しの形をとったが、今は五千円を包んでいる。
結納を納める前に行う儀式 「樽入れ」仲人が婿方に行き、本人、両親、兄弟と盃をかわしてから酒一升と鯣一束を持ち嫁方へ行く。嫁方では両親、本人、兄弟、親族代表、近隣代表が集まって盃を順次にかわし最後に近隣代表で終りその盃を仲人に返し終る。現在一般には行われていないが、一部では行っている。
結納について 結納の品は関東式で九品が多く利用されている。受書はあまり使用しない。
結納時の土産について 手土産程度で菓子折を持参する。昔からの習慣として最中が多い。
家族書、親族書について 家族書のみで、親族書は出さない。
結納当日について 仲人が供をつれ嫁方へ結納を持参するのが通例となっていたが現在は出合いが多く、仲人、両親、本人で嫁方へ持参する。結納式は桜湯程度で簡単にすませ、別に酒肴の宴席を設けるのが一般的のようである。結納金は男性給料の二〜三ケ月で五十万円位が多く七品揃にすると三十万位が多いようである。嫁方は品物で贈ることが多く受書はあまり使用しない。仲人の祝儀は出さないのが通例で折詰、手土産程度が多い。
お返し結納について 嫁方は婿方のものより一段下目のものを揃え当日交換する。
荷物納め及び土産について 荷目録は使用しない方が多い。婚礼の前日か前々日位に仲人が荷宰領となり荷物を運び婿方の点検が終ると荷宰領、運送人に祝酒を出しもてなしをする。祝儀は心持程度である。
関東地方の荷出し
荷受け目録
荷物目録
一、衣裳箪笥   一棹
一、洋服箪笥   一本
一、整理箪笥   一本
一、夜  具   二組
一、客座布団   五客
一、夫婦座布団   一組
一、三面鏡     一基
一、ミシン    一台
一、冷蔵庫     一台
一、洗濯機     一台
一、富久包     五個
以上
年 月 日
         家
家殿

 御荷物拾壱種
但目録書の通り
右御預り候
以上
年 月 日
 家
家殿
結納から結婚式までに行われる儀式  
結婚式について 嫁迎えが県内のかなり広範囲に亘り行われている。当日午前中に仲人、本人、親族代表5人〜7人位で嫁迎えに行く。「花嫁さんをお迎えにまいりました」とあいさつをし、嫁方では「これはご丁重にご苦労さまです」とあいさつをかわし一行を奥へ招じ入れ仲人が婿方と嫁方の親族を紹介し、婿方より土産物があれば仲人が披露する。嫁方で土産を納め両家の盃の儀に移る。現在はホテル・式場を利用するためその他は東京方面と変らないようである。
仲人への御礼 仲人のお礼は新婚旅行から帰ってから新夫婦、両家の両親で旅行の土産物と仲人から頂いたお祝の倍返しが多い。仲人からのお祝は男性へは5万、女性へは3万位が一般的のようである。